人気ブログランキング |

カラーコンサルタント、カラーセミナー&講座 ★「カラータイプ」や「TCカラーセラピー」などのセッション、講演&講座も全国展開中


by 幸せ探しのセラピストAkemi

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0092320_934524.gif

我が家の息子も成長して、小さな子どもとの係わりが少なくなった
今日この頃です。
昨年北海道での色彩講座がきっかけで、園児のまんだらぬり絵を 拝見して
やはり幼少から心を育てることが大切だと 考えていました。

以前にNHKでの「癒し絵展」出展の際には、園児から大学生とたくさんの若い方々のぬり絵や話を
聞いたことはありましたが、専ら大人対象の講演や色彩講座の依頼が多く
またオリジナルの企画でもお子さんをターゲットにしたものは少なかったように思います。

最近改めて感じ始めていることがあります。
幼少時期からの教育が改めて大切ではないか?ということです。
そして、子育てをしている大人も、心身ともに元気ではなくてはいけないのでは?ということです。
また親子のコミュニケーションが何よりの愛情であることと、感じています。



そこで、まず身近なところから、色彩を通して私にできることは何か?と・・・
先月から、地元地域においても、ぬり絵のワークショップを始めました。
色で癒され、元気を貰う・・・またそこで自分とも向き合った時間をもつ。
参加者の方とふれあい、私ともお話させて頂いて、微力ながら皆さんに温かい気持ちを持ち帰って
頂きたいなぁ~と、そんな気持ちです。



★4月29日(水・祝)朝10時から~
阿佐ヶ谷地域区民センター第一集会室にて★
こどもの日スペシャル「ママといっしょに色あそび」


パパさんの参加も大歓迎です!
☆親子参加を基本にしますが、
大人だけでも小学生以上なら子どもだけの参加でもOKです。


f0092320_10164588.jpg
マンダラ図を使ってぬり絵をします。子どもさんにはこども向けのマンダラ図を使用します。
大人の方には色彩心理のお話もさせて頂きますので、どうぞ親子のコミュニケーションに
お役立てください。

☆区の「子育て応援券」は使用できませんが、興味のある方はお休みの朝、お子さんといっしょに。
詳細は下記moreにて。

More 4月29日講座詳細
by color-cona | 2009-04-27 10:21 | 色彩講座
f0092320_21211812.jpg

「ひまわり」の季節にはまだ早いようですが・・・
それでも「ひまわり」が一番好きな花なんです!と目を輝かせて話していた女性を思い出して写真をアップしてみました。

ここのところ、淡いピンクの世界に浸っていたこともあって、鮮やかな黄色やオレンジ
とっても新鮮に思いませんか?
春の桜色が終わって、さぁ~~いざ頑張るぞう~って気持ちになりませんか?

私自身もパーソナルカラーが、Spring(春)なので、どうしても彩度の高い色に元気を貰う自分がいます。
左のMyLifeをテーマにしたカラーリング(写真)も、私らしいなぁ~って。。。

いつもいつも春色に染まっているわけでもなく、時々全く違う色を取り入れて癒されたりすることもあります。
人はそれぞれに、自分を取り戻すために今必要な色彩の力というのは日々変化するものです。

今日は「ひまわり」に手伝ってもらって、黄色の世界を堪能ください。

これから何回かに渡って、久し振りに色彩シリーズをエッセイ風に書いてみようと思っています。
黄色はどんな色?って思いますか?
それはこの次のお楽しみということに致しましょう。。
by color-cona | 2009-04-17 21:37 | 色のイメージ

桜満開・・・春色気分!

f0092320_20273080.jpg

やっと待ち焦がれた桜満開の知らせに、近所の善福寺川緑地に足を運びました(:_:)

じつは「桜色」という色名、これは紅花染のもっとも淡い色です。(浅い黄みのピンク)
平安時代から愛用されている色名です。
桜にはいろいろな種類(20~30種類)があるのはご存知の通り、でもこの桜色という場合は
古くからあったヤマザクラ(山桜)の花の色を指しています。

f0092320_20355796.jpg

桜の花は英語ではCherry blossoms(チェリーブロッサムズ)です。
その実がさくらんぼですよね。
でもソメイヨシノなどの実は食用にはならないのですよ~。
果物のさくらんぼはまた別に果実種として栽培されています。

f0092320_204037.jpg

昭和初期、着物の小紋が流行しましたが、その中でも桜色と鼠(ねず)、桜色と黒などの
組み合わせの配色が流行しました。
お着物での、桜色と鼠、つまり淡いピンクと灰色は、とっても上品でエレガントだったことでしょう。
そして桜色と黒は、粋なイメージで女っぷりを上げ、特に今で言うならパーソナルカラー
「夏(サマー)」の方々は優しくも色っぽさを感じさせたのでしょうね。

*******

女性らしさ、甘える女心を毎年この桜の季節に感じる私ですが・・・。
皆様どんなお花見をされたことでしょう?
今年は、開花してから寒の戻りがあったためか?少し花がまばらなとこもあるかと思いますが
どうぞこの桜色に身をゆだねて、春を満喫してください。
by color-cona | 2009-04-05 20:47 | 気分は何色?