人気ブログランキング |

カラーコンサルタント、カラーセミナー&講座 ★「カラータイプ」や「TCカラーセラピー」などのセッション、講演&講座も全国展開中


by 幸せ探しのセラピストAkemi

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

配色効果を考える

f0092320_2250453.jpg今日は沖縄の海です。こんな海の色に抱かれてのんびりしたいですね。あっ、でももう29日でしたね。
天気予報で「秋雨」という言葉が流れてきて、秋という響きが季節の移り変わりを改めて教えてくれたような気持ちでした。

この沖縄の海は、夏真っ盛りでしょうか。
ここで皆さん、何かを感じられますでしょうか。











以前にもたくさんの海をアップしてきましたけれど、今までは全体に統一感のある配色でしたね。色相としては青緑から青、あるいは青紫くらいまでの類似色相で、色調の違いがそれぞれの表情を魅力的に演出してきました。

今回は空と海、そして海岸の配色が目に飛び込んできますでしょう。
青だけのクールなかんじだけではないですね。それはどうしてだと思いますか。

鮮やかな青の空、緑みかかった青の海、そして「コーラルピンク」の海岸が加わっています。
海岸は珊瑚でしょうか?
この黄みのピンクがどことなくこの写真に暖かみを添えて、むしろクールなイメージより
夏真っ盛りの暑さや日差し、夏の楽しさも加わっているようです。
もちろんあの白く立ち上がっている積乱雲(?)からも夏真っ盛りと思うかもしれませんが・・・。



「配色効果」というのは不思議なものです。そして楽しく、そして奥が深いものですね。この配色効果というのは、色のあるものでしたら全てに関係してきます。

「売れる色」を研究している販売会社の方々もたくさんいらっしゃるでしょう。
たとえば、あるビール会社がコーポレートカラーをがらりと変えた事で、業界シェアトップにのし上がったという過去の実績もあります。
スーパーでも最近では随分色とりどりの缶ビールや缶チューハイが綺麗に並んでいますね。私はいつもしばらく眺めて缶のイメージを楽しんでいます。
皆さんも毎日飛び込んでくる色を、ちょっと立ち止まって意識してみてください。
たくさんの発見があるかもしれません。そんな時は、また私にも教えてくださいね。
by color-cona | 2007-08-29 06:46 | 色彩講座

残暑を楽しんで

f0092320_2103820.jpg

今年の夏はゆっくり避暑する時間がなかなかとれなくて、今日はもう24日。それでも充実した日々だったように思いますが、とにかくこの暑さにぐったりです。
久々にジムに行って、ゆっくり汗をかいてきました。

昨日はシニア世代の方々と「マンダラ塗り絵」を取り入れたセミナーをさせて頂いて、改めて色彩の楽しさを味わってきました。純粋に色が与える色彩心理効果とういものが、いろいろな意味で素晴らしいと思えたり、喜んでいらっしゃる皆様の笑顔が私の幸せとつくづく思えて嬉しく思える瞬間を味わいました。

写真のような向日葵、まだまだ残暑が厳しい中、この元気な色を皆様が感じて、日々積極的に過ごされますよう・・・。

黄色は光の色です。ご自分の理想や目標に向かっていけますよう、この向日葵と共に応援しています。
by color-cona | 2007-08-24 21:17 | 気分は何色?

夕日とともに

f0092320_21445889.jpg

今日の夕日は「江ノ島」からおとどけしましょう。
いきなりの真っ赤な世界にびっくりされましたでしょうか?
この色彩には赤の長波長の波動までも映し出されていて、自然の偉大なパワーや目に見えない世界が迫ってくるように思えますね。

この夕日の「赤」が、「黄みの赤」から「青みかかった赤」へのグラデーションであること、明度がどんどん低くなっていく景色が広がり、神秘な世界の訪れを醸し出しています。

こんな景色に遭遇したら、私はどんなことを感じるのでしょう?
ずっと立ち尽くすでしょう。
でも普段の夕焼けを見るのとは、おそらく違った気持ちになるのではと思います。
夕暮れと共に影の部分に吸い込まれてしまいそうなかんじになるのは私だけでしょうか。

色彩「赤」の力、そしてその赤を取り巻く影の世界をしばらく感じてみてください。
                                    (写真出典:写真素材集より)
by color-cona | 2007-08-21 06:42 | 光と影の世界

海の深さと色

f0092320_14102317.jpg

今日もまた海に浸って頂きましょう。
これはまた先日の海とは違って、私の好きな海の色です。
マリンブルーやピーコックグリーン、カプリブルー、またアクアマリンといったところでしょうか。


「マリンブルー」は「深い緑みの青」ですが・・・・・
皆さんこの系統色名の「深い」は「deep(ティープ)」というトーン(色調)です。

ところで、海水の色は水深が深いと濃く、水深が浅いと明るく見えるのをご存知でしたか?
この水深の深いと浅いが、色名のトーン(色調)を表す「深い」や「浅い」に関係した言葉に
なっています。面白いですよね。

深い緑みの青は不思議な、怪しげな感じもしますね~。
私は青と緑の混色が好きなんですが、どちらの色の良さも少しずつ入り混じって
奥行きがでるように思えます。その分その奥に潜んだ魅力が逆に怪しげ~~なんて
思えるのかもしれませんね。

by color-cona | 2007-08-14 19:47 | 気分は何色?

海に抱かれて

f0092320_12593256.jpg

海面に日差しが反射しています。
きらきらした波と透き通った水の色、こころも体も開放されそうですね。
自然が生み出す色というのは、本当に素晴らしく、それだからこそ私達に感動を与えて
くれます。

さて、写真の海水は温かいのでしょうか?冷たいのでしょうか?
この写真から感じるイメージというのは分かれるかもしれませんね。

本来「青」と「水」からくるカラーイメージは、クールやクリアでしょう。
ということは、冷たい、透明な、さっぱりした、スカッとしたなどでしょう。
ただこの太陽の光から受け取るものは、個人差があるかもしれませんね。

夏休みもまだの私の場合は、毎日の都会の猛暑から解放されて、こんな海に抱かれて
クールダウンしたいなぁ~と思います。

☆ところで、皆さん、海はどうして青いのかご存知でしょうか?

by color-cona | 2007-08-08 06:16 | 気分は何色?
f0092320_21193261.jpg

写真出展:北九州詩的写真集

私達の環境の中で、色の対比が見事に現れている1シーンではないかと思います。
日本家屋のしっとりと落ち着く配色と重厚感の中、すみずみまで手入れされ塵一つない
整然とした庭、また緑のすがすがしさ、そして緊張感にも似た張り詰めた空気
この平成の時代に何か新しいものを伝えてくれているような気持ちになります。

手前家屋内が暗いがゆえに、庭先の緑の綺麗なこと(明度対比がおきていますね)。
そして屋内の暗さが、あちらの庭が遠く奥まで広がっているように思わせてくれます。

色彩効果というものはそういうものです。
庭の緑も、とても鮮やかで明るく思えることでしょう。

私はこの庭の緑が、人間の安心感、そして皆の平和が普遍的であることを
教えてくれているような気がしてなりません。
皆さんはいかがですか?
by color-cona | 2007-08-03 22:34 | 環境色彩