人気ブログランキング |

カラーコンサルタント、カラーセミナー&講座 ★「カラータイプ」や「TCカラーセラピー」などのセッション、講演&講座も全国展開中


by 幸せ探しのセラピストAkemi

フェルメールブルー・・・ラピスラズリの魅力

今日は何となくつけたTVで物凄く得した気持ちです。
オランダの画家「フェルメール」の名画の秘密を現地取材も含め
数少ないフェルメールの作品が発掘された経緯もかなり
興味深いものでした。

フェルメールといえば、私としてはフェルメールブルー
胸に残る画家ですね。
ラピスラズリ(鉱石)を使った色使いは魅力的です。
*ラピスラズリとは?青金石で、深い青から藍色の宝石といえば
分かりやすいですね。ちなみに、和名は=瑠璃(るり)

f0092320_21475070.jpg
f0092320_2148799.jpg

f0092320_1203266.jpg


これは「ギターを弾く女」一度盗難にあったけれど、ロンドンの教会の庭にそっと返されていた名画です。















f0092320_12113381.jpg
またロンドンの有名なオークション「サザビーズ」で200億円もの落札価格がついた名画があの有名な「ヴァージナルの前に座る若い女」(←写真)だとは、とてもびっくりしました。
ロンドン大学の専門家がフェルメールの絵と確信した点は、キャンパス地が他のフェルメールの作品と織り目が繋がったこと!

そして、もう一点、フェルメールブルーの発見。
これが決め手だったようですね。
この絵を見ると、ブルーなんて無いように感じますが、女性の顔を明るくするために
下地として利用しているらしいのです。
補色としての活用でしょうか?この時代に素晴らしいですね!!


最近、個人的には「青」「青紫」に心奪われている私、今日はまるでそんな私のために
静かな時間をくれたひと時でした。

暑さが戻り、今日も夏日でしたね。どうぞ内側から涼しくお過ごしください。
by color-cona | 2011-08-09 22:08 | アートセラピー