カラーコンサルタント、カラーセミナー&講座 ★「カラータイプ」や「TCカラーセラピー」などのセッション、講演&講座も全国展開中


by 幸せ探しのセラピストAkemi

カテゴリ:アートセラピー( 13 )

夏も終盤でしょうか?
耳を澄ますと、童謡『虫のこえ』に出てくる虫たちの
オノマトペ(擬音語、擬態語)

ちんちろ ちんちろ ちんちろりん
りんりんりん りいんりん
ちょんちょんちょん すいっちょん
・・・と聞こえてきます。

随分昔のことですが
海外の絵本の翻訳(和訳)をしていた時
この「オノマトペ」に苦戦をしたこと
とても懐かしく感じます。

じつは、この言葉にならない「オノマトペ」が絵本にとって
かなり大きな役割を持っています。

ですから、翻訳家は原作者の伝えたいメッセージや言葉のリズムに
配慮し、また「共感」することが必要でした。

そして、共感したことを和訳するという作業
これは、和訳という枠組みから飛び出た「作家」に変身しなければ
できないことでした。

ここで・・・ふとセラピストも同じ作業をしているのかも?と。

クライアントさんや受講生さんの言葉にならないもどかしい思いを
カラーの力を借りて翻訳しているのでは?と考えます。

先日も、あるカラーセラピーセッションのこと。

「Yellow 黄色」を選んだクライアントさんの
心の奥底にしまってある思いは、「不安」と「心配」でした。

えっ、どうして?と思われるでしょう。

彼女の話を聴けば・・・
希望や夢に向かって努力し、一所懸命学んできたと言う。
その信念にも似た強い思いは、確かに「黄色」の潜在意識。

でも再三再四、彼女の口からこぼれる「進みすぎてないか?」
「ここらでブレーキをかけた方が良いのでは?」という言葉。

この言葉から、私はこころの声を翻訳したのです。

「思考に偏りすぎで感情(気持ち)をどこかに置き忘れてきてはいませんか?」
・・と、質問したというセラピーの一場面です。

希望や期待が大きいほど、
その裏に「不安」や「心配」がどんどん膨らむものですね。

このように、オノマトペが原作者の気持ちに共感し翻訳する作業なら
カラーセラピーも同様に、クライアントさんに共感して翻訳する作業に
他ならないのでは・・と、改めて気づくカラーセラピストのひとり言でした。

********

夏の終わりに秋からの自分を軌道修正してみませんか?
セミナー及び個人セッションを出張でもお引き受けします。

カラーセラピーコンサルタント 内田朱美
カラールームEnchanteHPはこちら

マイベストプロ東京コラム
http://mbp-tokyo.com/enchante/column/

お問合せはお気軽に
Email cocoiro★pp.em-net.jp(★を@に変えて)

********
[PR]
by Color-cona | 2014-08-18 10:25 | アートセラピー
しあわせ探しのセラピストAkemiのブログへようこそ

いつもありがとうございます016.gif


f0092320_22213811.jpg





「片岡鶴太郎の世界」
美術展&トークイベント

彼が38歳のある冬の朝、出逢った「一輪の椿」
その美しさに心打たれたと言う。

花に華を見出したのだろうか?
あるいは、凛とした姿に自分の身を重ねたのだろうか?

「椿」に導かれて、人生の転機が訪れる。

この感動をどう表現し伝えるか?
「水墨画」への挑戦が始まる。

役者でも、ボクシングでも
そして、画家でも「近道」は何もない

あるのは、ひらすらに「とんぼ」のように
前に進むことだけ。

一年に100作を描き続けて
約20年、来年還暦を迎える鶴太郎氏。

毎日続けること
ひたすら続けること

それは・・
愛して止まない「好き」というエネルギー
そして、表現者としての信念。

わたしの心にすーっと
心地よい風が吹いた、そんな一日でした。
[PR]
by Color-cona | 2014-06-01 22:22 | アートセラピー
f0092320_21181385.jpg


f0092320_21184142.jpg


f0092320_2119523.jpg
[PR]
by Color-cona | 2014-05-11 21:19 | アートセラピー
しあわせ探しのセラピストAkemiのブログへようこそ

いつもありがとうございます016.gif


ゴールデンウィーク前半、いかがお過ごしでしょうか?

私は今日は夫と二人で

吉祥寺までをお散歩して

そして吉祥寺に新しくオープンした「キラリナ」にて

お買い物037.gif

のんびりとした休日でしたぁ029.gif

5月14日はTCマスターカラーセラピスト講座開講で

なんとなく、気持ちは気忙しいのですが・・・

この講座は、色の意味を取り入れて、マニュアルを見ないで
セラピーセッションできることを目指して頂きますよ~~016.gif

そのためには皆様にどんな学びを提供するべきか?と

日々考えております。

いえ、もちろんテキストも、システムも素晴らしいものがありますが

私なりにどういうふうに構築するべきか・・・と、

最高の講座を目指して頑張ります024.gif

******

さてさて、それはさておき・・・

060.gif次回、絵画鑑賞会のご案内です056.gif
f0092320_2234348.jpg

5月20日(火)目黒区美術館にて
シャガール展
<版画の奇跡 無限大の色彩>
チケット付3千円

時間はまだ未定ですがおそらく午前中11時ころ集合となります。

レクチャーをうけてからの、鑑賞、
そして再び集合してのランチ会&フィードバック
・・という流れです。

既にお申込みいただいて
定員10名のところ残席5です。

興味のある方は、早めにお申し込みくださいませ。
このブログコメントでも結構です。
または、メールにて、お名前、電話番号明記の上
メールにて
055.gifcocoiro◆pp.em-net.jp(◆を@に変えて)
内田まで

楽しみにお待ちしています053.gif

f0092320_22343268.jpg
[PR]
by Color-cona | 2014-05-04 13:48 | アートセラピー
しあわせ探しのセラピストAkemiのブログへようこそ

いつもありがとうございます016.gif


f0092320_12524689.jpg


4月25日(金)
色育のための大人の絵画鑑賞会開催
「アンディー・ウォーホル展」 六本木森美術館
チケット付3千円

★11時六本木ヒルズ ウエストウォーク1階スターバックスにて集合

★申込みは前日まで、メールにて。
尚、10名限定ですので定員になり次第締め切ります。

055.gif cocoiro◆pp.em-net.jp(◆を@に変えてください)

詳細はHP参照ください。
http://www.color-enchante.com/

060.gif皆様とお会いできるのを楽しみにしています056.gif
[PR]
by Color-cona | 2014-04-10 19:58 | アートセラピー
しあわせ探しのセラピストAkemiのブログへようこそ
いつもありがとうございます016.gif

春らしくなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

春は新しいものを取り入れる時期。

色育の展望を考えています。


そこで・・・
本物の色を観て頂くことで
セラピー効果を体感して頂こうと思います。



アートセラピーという言葉がありますが・・・

「アート」そのものがセラピーだということ

なるほど~~~と。

ふと色育もいいものを親子で観て

そこに会話が生まれる・・・アート・コミュニケーションが大事ですね。

まずは手始めとして

大人だけのアート鑑賞

【絵画鑑賞会】


060.gif3月26日(水)14時~六本木森アートギャラリーセンター
ラファエル展の鑑賞会します。
チケット付3千円です。
集合は六本木ヒルズ内のスタバに14時です。
f0092320_22201915.jpg

















まず簡単に鑑賞の見どころなど
イヤーホンでは教えてくれないことを
レクチャーするそうです。

そして自由に美術館内を鑑賞した後
カフェに集まって頂いて
感想やら、夏本氏とかけあい(コミュニケーション)して
フィードバックする中でセラピー効果というのか
こころの構築するプロセスを楽しみます。

*夏本氏が鑑賞会講師を務めます。
芸大絵画科卒Artmeを主宰。


今後は、色育とアート&コミュニケーションを考えています。

お申込みは内田まで
062.gif09039077125
055.gifcocoiro◆pp.em-net.jp(◆を@に変えて)

056.gif皆様とお会いできるのを楽しみにしています。
[PR]
by Color-cona | 2014-03-17 13:53 | アートセラピー

義父の作品「一筆観音」

f0092320_23524887.jpg

[PR]
by Color-cona | 2014-01-09 23:52 | アートセラピー
今日は何となくつけたTVで物凄く得した気持ちです。
オランダの画家「フェルメール」の名画の秘密を現地取材も含め
数少ないフェルメールの作品が発掘された経緯もかなり
興味深いものでした。

フェルメールといえば、私としてはフェルメールブルー
胸に残る画家ですね。
ラピスラズリ(鉱石)を使った色使いは魅力的です。
*ラピスラズリとは?青金石で、深い青から藍色の宝石といえば
分かりやすいですね。ちなみに、和名は=瑠璃(るり)

f0092320_21475070.jpg
f0092320_2148799.jpg

f0092320_1203266.jpg


これは「ギターを弾く女」一度盗難にあったけれど、ロンドンの教会の庭にそっと返されていた名画です。















f0092320_12113381.jpg
またロンドンの有名なオークション「サザビーズ」で200億円もの落札価格がついた名画があの有名な「ヴァージナルの前に座る若い女」(←写真)だとは、とてもびっくりしました。
ロンドン大学の専門家がフェルメールの絵と確信した点は、キャンパス地が他のフェルメールの作品と織り目が繋がったこと!

そして、もう一点、フェルメールブルーの発見。
これが決め手だったようですね。
この絵を見ると、ブルーなんて無いように感じますが、女性の顔を明るくするために
下地として利用しているらしいのです。
補色としての活用でしょうか?この時代に素晴らしいですね!!


最近、個人的には「青」「青紫」に心奪われている私、今日はまるでそんな私のために
静かな時間をくれたひと時でした。

暑さが戻り、今日も夏日でしたね。どうぞ内側から涼しくお過ごしください。
[PR]
by color-cona | 2011-08-09 22:08 | アートセラピー

オルセー美術館展

f0092320_157362.jpg

ゴッホの「寝室」

先週の雨の日、六本木の「オルセー美術館展」(国立新美術館)へ足を運びました!!

黄色の光の画家 ゴッホ・・・・何十年も前に、パリのオルセー美術館で実際に観た「自画像」とは違ったインパクトを感じて帰ってきました!

もう20年以上も前のパリでの若かりし頃の私の感性と記憶がつかさどるゴッホへの思い。

それは当然、違ったものになっていることでしょう。

特に「黄色」に願いをこめる彼の切なる思いがいかばかりだったか?と
胸一杯になったのです。
短い人生の中で、認められることもなかった。
また得ることのなかった人との幸せを永遠に刻んだと言われるこの作品。

黄色は希望の光の色。
それだけに、私にはこの黄色が痛々しく切なく感じたのでした。
光が強ければよれが生み出す闇も深く鋭いということです。

闇から這い上がるようにして黄色の光を求め続けたゴッホ。
絵をみながら、すぐ傍にいるように感じました。

ところで、この↑「寝室」の絵は実際に3作あるのをご存知ですか?
私はオルセー美術館所蔵のこの絵が一番好きです。

8月16日までやっていますので、皆さんも訪れてみてはいかがでしょう。
避暑地としてもデートスポットとしても宜しいかと思います。
[PR]
by color-cona | 2010-08-02 22:30 | アートセラピー
NHK渋谷 ふれあいホールギャラリーにて「癒し絵展」
・・・来週4月30日~ OPEN!

f0092320_15122174.jpg


以前にもお話した「癒し絵展」、いよいよ来週から始まります。
何だか、気持ちばかり焦りますが、皆さんに何かを感じて頂けたら嬉しく思います。
また少しでも記憶に残るものにしたいと思っています。

f0092320_1552057.jpg
私の場合は「こころの色」というテーマで、パステルと水彩絵の具を駆使して色のイメージを花をモチーフに描いてみました。皆さんの心の琴線に少しでも触れることができたら、とても幸せだと思っています。



また、他の出展者の方々は、絵描きのやすさんをはじめ皆さんアーティストですから、私もじっくり拝見させて頂こうと思っているところです。
NHKでは「渋谷でどーも’07」というイベントしているようですから、大いに賑わうでしょうか。大型連休のご予定もいろいろでしょうけれど、お時間があればどうぞお立ち寄りください。
[PR]
by color-cona | 2007-04-24 07:29 | アートセラピー