カラーコンサルタント、カラーセミナー&講座 ★「カラータイプ」や「TCカラーセラピー」などのセッション、講演&講座も全国展開中


by 幸せ探しのセラピストAkemi

ラベンダー 癒しの香り・・・&紫の色彩効果

f0092320_2253978.jpg

この写真はファーム富田の彩の畑の写真です。
今年のラベンダーの時期はまだまだ先でしょうか?7月くらいでしょうね。
毎年、見に行きたいなぁ~と思いつつ、その時期を逃してしまっています。

f0092320_1053589.jpg

f0092320_1055114.jpg

「ラベンダーの香りの効用について」
「鎮静効果」・・・副交感神経に働きます。・・・抗うつ作用
         頭痛、肩こり、殺菌効果も高いのでやけどや虫刺されにも有効。
         花粉症にも効果があります。(この場合は香りを吸引)

鎮静効果のあるアロマの香りとしては「スィートマジョラム」「カモミールローマン」「ネロリ」「オレンジスィート」「ベンゾイン」などがあります。
ご自分が好きな香りをチョイスして楽しんで頂くのが一番です。

「紫の色彩効果」
紫は精神を癒したり五感を磨くことに大変役立つ色です。
逆を返せば、この紫が気になって仕方がない、あるいは紫を選ぶ時は、ご自分がその色を必要な時・・・つまり情緒が不安定であったり、身体の機能がどこか不全を教えてくれていることが多いです。

★紫というのは色彩学的に、「赤」と「青」の混色です。
☆赤は交感神経を刺激する色、ご承知の通り、「情熱」「活気」「エネルギー」など感情が外交的に発散されている状態。
☆青は副交感神経を刺激する色、内向的知性の色、鎮静の色です。

もうお気づきでしょうか。この二つの色の混色が「紫」ですから、相反する刺激を融合している色ということになりますね。
つまり、体調や精神的バランスを取りたいと本能が働いている時に、惹きつけられたり、綺麗だなぁ~と紫の美しさを感じることがの多いです。
自然と身体が紫を必要としているということです。

ただここで補足しますが、色が伝えてくれるメッセージは偏ったものではないのです。
紫が好きだから、気になって仕方がないから、必ずしも体調が悪いと判断しないでくださいね。
いろいろな要素を含んでいるのが色からのメッセージです。
それだけに面白く魅力的な世界なのです。。。
[PR]
by color-cona | 2008-05-03 22:55 | 色と香のコラボ