カラーコンサルタント、カラーセミナー&講座 ★「カラータイプ」や「TCカラーセラピー」などのセッション、講演&講座も全国展開中


by 幸せ探しのセラピストAkemi

「ターコイズブルー」 & 「ターコイズグリーン」

★「ターコイズ」の色の楽しさについて★
皆さんいつも色のお話にお付き合い頂いてありがとうざいます。楽しみにしてくださっているとのメッセージは私にとっても大変嬉しく思います。また色彩検定を受検された方お疲れ様でした。いかがでしたでしょうか?基本的にはいつまでも色が大好きという気持ちを忘れないで頑張ってくださいね。
先日は、たまたま「Tiffany ティファニー」のOpenに際して、コーポレートカラーを取り上げました。
あえて「ターコイズ」ということだけをなげかけていたのですが・・・・だいたいの方々は最初に思い浮かべるのが、トルコ石の色でしょう。大変人気もあって、お守りとしても有名ですね。
f0092320_18121369.jpgこのトルコ石の色はそう皆さんがおっしゃる「ターコイズブルー」










f0092320_18103476.jpgこれは日比谷花壇の今月の花・・・・ターコイズブルー







***********************************
ここで皆さん、「ターコイズ」について・・ポイント説明

「ターコイズ」というのは、簡単に言うと「緑」+「青」の混色なんです。
でもじつはトルコ石の色①「ターコイズブルー」と、もう少しニュアンスの違う②「ターコイズグリーン」があるのですね。
いずれも緑と青の間(混色)なんですが・・・・緑に寄っているの?青に寄っているの?ということで少しずつ違うのです。色みがどちら寄り?で随分イメージの違う色になるということです。

では「ターコイズグリーン」とはどんな色なんでしょうか?
じつは私の大好きな色の一つです。
f0092320_2031259.jpgこの三つの色をまずご覧くださいね。どれも確かに緑と青の混色なんですね。丁度真ん中の色が、JISで決められた「ターコイズ」です。そして右が「ターコイズグリーン」、左が「ターコイズブルー」です。ターコイズグリーンに関しては他2色より彩度が少し高いのでやや違った印象を持たれるかと思いますが、色味だけをみて頂くと、ターコイズブルーとターコイズグリーンの違いがだいたい解かって頂けるでしょう。

f0092320_20332697.jpgこれはあるメーカーのケーキソーサー。ターコイズグリーンが化粧箱に使われています。色相対比(明度対比も加わり)が綺麗ですね。









f0092320_20342251.jpgこれは私の愛用の化粧品メーカー(これもターコイズグリーンです)





****************
さてそれでは「Tiffany ティファニー」のコーポレートカラーは??
「ターコイズグリーン」
に近い色です。
じつは「ティファニーブルー」(PANTONE社)というブランドオリジナル色があるのはティファニーを愛する方はもちろんご存知でしょう。
ここでは、ターコイズのブルーとグリーンの色目の差を説明したくて、例として取り上げさせて
頂きました。

もうそろそろクリスマス、こんなプレゼントが待ってるかもしれませんよ~
f0092320_238158.jpg
f0092320_2226670.jpg

f0092320_22252278.jpg

f0092320_22263386.jpg
















**************
「ターコイズ」の魅力
(☆このコメントは昨夜アップできなかったので、すでに覗いて頂いた方には追加になります。)

さて緑でもない青でもないそんな微妙な魅力がある「ターコイズ」ですが、既にご承知の通り
青に寄っている、緑に寄っているなどニュアンスもまた人それぞれ印象が違ってくるとは思います。
「ターコイズブルー」、また「ターコイズグリーン」は、いずれにしてもその裏側に何か潜んでいる別の色を感じますね。そこで上のカラーカードでいう真ん中の「ターコイズ」で
申し上げると、ターコイズは「コミュニケーション」の色なんですよ!そういえば~と納得される方もいらっしゃるでしょうか。
私が考えるにもしもっとブルーに寄っていれば、このターコイズの性質に少し青気質、グリーンに寄っていれば緑気質が加わっているのでは?ということです。

☆私個人を分析するには、黄みに寄った色を好む傾向があるので、そんなことからも恐らくターコイズから緑に寄ったターコイズグルーンが好きなのでしょう~~。

ターコイズはコミュニケーション力が高いのですよね。それでいてフレンドリーな感じがしますよね。ヨーロッパの雑貨などにはよく使われているのも印象的です。

Tiffanyティファニーを見るたびに思うのは、質の高いジュエリーを扱っているけれど、けしてつんとすました冷たい感じがしませんよね?皆さんはいかがでしょう?
お客様との関係を大事にしていきたいという企業ポリシーがあるのかな?って秘かに思っている私です。
[PR]
by color-cona | 2006-11-12 22:51 | 色のイメージ