カラーコンサルタント、カラーセミナー&講座 ★「カラータイプ」や「TCカラーセラピー」などのセッション、講演&講座も全国展開中


by 幸せ探しのセラピストAkemi

緊張感を感じる白と青の世界・・・冬だからさらにもっと

f0092320_9402720.jpg

今年の冬は比較的過ごしやすい日が多いせいか?肩をちぢめて歩くことが無いように思えますね。
でも北国の方々は寒さ厳しい毎日を送られていることでしょう。
毎朝天気予報の北海道のマイナス気温をみてはブルブルと凍えそうです。

今日は冬山の色彩に見る「冬山の緊張感」、そして「白と青の世界とそのイメージ」についてお話してみたいと思います。


★「イメージ」を決めるのは、配色と形態とのコラボレーション★
まず、この冬山の鋭い斜面と切り立った尾根は、その形状からも寒さや厳しさが伝わってきます。鋭い形状には険しさが加わって、またその「寒色」という色にはその冷たさ、寒さも当然のことながら効果的に働いて、心理的には内面の知的な部分、また冷静で静かな気分に浸っている心が存在することでしょう。


人は心のエネルギーが内面に向うときには、暖色より寒色のほうが落ち着くのです。
海や空、そして、この冬山の真っ白な山肌に映えた青空、吸い込まれるような自然の青の世界が広がって、鬱々としたはっきりしない気持ちを吸い取ってくれるのです。



色の世界というのは本当に不思議なものです。
生きている、そして感じている生身の私達にとって、本当に日に日に感じ方も変わってくるものです。
今日の青のように明るい青を見ると知的にそして再生していこうという凛とした自分を発見するものかもしれません。皆さんはいかがですか?
内面の強さ(自立心)さえも感じる青の世界を今日はお届けしました。
[PR]
by color-cona | 2009-02-08 00:38 | 色のイメージ